ケガ、痛み

バスケでジャンプすると、膝が痛い!

2021/9/25

バスケでジャンプすると、膝が痛い! 『ジャンパー膝』の原因と3つの対処法 部活を頑張る中学生に多い「膝」の痛み。   うちの子、 ぶつかったり転んだりしてないのに 膝が痛むのはどうして…?   治すために、練習を休ませようか… 本人はやりたがっているけど… 親として、どうすれば…   こんな風に思った事、ありませんか?   ぶつかったり、転んだりしていないのに 痛みがある。 これを『スポーツ障害』といいます。   強豪チームや、一生懸命なお子さま程、 スポ ...

ReadMore

競技力を高めるためには心も高めるべき

2021/6/18

昔からよく「心・技・体」と言われていますが、今の子どもたちは、技はレベルが高い子も増えているように感じますが、体や心はどうなのかな?と感じます。 今回は、今の子どもの「心」の部分について解説をします。 心ってどこにある? 心ってどこにありますか?と聞かれると、あなたならどう答えますか? 心だから心臓と答える人もいれば、脳の答える人もいるのではないでしょうか? 中にはみぞおちの部分を言う人もいれば、おへその下ぐらいと言う人もいます。 「心」って不思議ですよね? 臓器として心がある訳でもない、体の一部分として ...

ReadMore

ケガ、痛み

オスグッドを予防する

2021/6/17

競技にもよりますが、ジュニアアスリートで多く見られる痛み、また予防する必要があるのが「オスグッド病」と言う症状です。 昔は成長痛と呼ばれていることが多く、成長期に起る痛みと解釈されてきましたが、最近では「オスグッド病」もご存じな保護者の方も増えているように思えます。 膝のお皿の下の痛みです。 サッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、体操などの競技に多く見られます。 このオスグッド病を、何とか予防をしたいところです。 オスグッド病の原因 オスグッド病は、成長痛と思われていますが、ジュニア期に起こりや ...

ReadMore

能力

なぜ、ジュニアアスリートにトレーナーサポートが必要なのか?

2021/6/16

こんにちは、JACC代表の廣谷です。 競技にもよりますが、スポーツの世界ではトップアスリートには必ずトレーナーがサポートされていることが当たり前になりつつあります。 でもアマチュアスポーツや学生スポーツとなると、トレーナーがサポートしている環境がまだまだ整っていないのが現状です。 トレーナーとして20数年、いろいろなレベルの、いろいろな競技選手をサポートしてきて感じているのが、小中学生アスリートのサポートが必要だと感じています。 その理由を解説したいと思います。 ジュニアアスリートをサポートする理由 小中 ...

ReadMore

トレーニング

体幹を強化しよう

2021/6/29

「うちの子は体幹が弱いんです。」「コーチからもっと体幹を強くしろと言われているんです。」 こんな悩みを最近耳にします。 近年は健康雑誌やテレビでもでも体幹という言葉をよく聞くようになり、プロアスリートの体幹トレーニングが書籍化されるなど大変注目されています。 では、体幹って何でしょうか?具体的に聞かれ、お分かりになりますか? 体幹ってどこか、どんな効果があるのか、どう鍛えたらよいのか、解説していきます。 体幹って何? 体幹を鍛えるというとどこを想像しますか?多くの方は腹筋をイメージするのではないでしょうか ...

ReadMore

ジュニアアスリートの競技力を高めるために、保護者、指導者とトレーナーが連携し、子どもの未来を応援しませんか?

 

こんにちは、JACC代表の廣谷と申します。

長年、アスリートをサポートしていますが、ここ10数年は、小中学生アスリートのサポートに力を入れています。
それはなぜかと言うと、ジュニア期に起こりやすい症状(オスグッド病、セーバー病、腰椎分離症など)があり、それを予防する必要があるという事と、痛みで競技レベルが下がったり、リタイヤする子もいますので、出来る限り、子どもが競技に集中し、少しでも長く、楽しく続けていけ、夢や目標を達成できたらと思います。

その為には、子どもたちだけではなく指導をされている指導者や、いつもそばにいる保護者の方々に、少しでもスポーツコンディショニングの理論と、ジュニアアスリート特有のカラダやケガ、痛みのことを知っていただき、ケガや痛みの予防から競技力アップのためのお手伝いが出来ればと思い、ジュニアアスリートコンディショニングクラブを設立しました。

2006年あたりから学生アスリートをサポートしてきました。
最初は大学生、高校生、中学生と、でもその都度感じたのが、しっかりと子どもの時からカラダを作り上げて行かないと、せっかく頑張ってきたのに、ケガで一瞬にして競技から退くことになってしまうのでは?

子どもの人生が痛みやケガで大きく変わってしまう。

だから2006年には横浜市青葉区に『レエール スポーツコンディショニング ラボ』をオープンさせ学生アスリートを中心にサポートしてきました。

また同じころから保護者向けのセミナー等を開催し、トレーナーの知識や技術をお伝えしてきました。

でも、来店、参加される方は限られた方のみ。全国のジュニアアスリートが困っているのに、一部の人達しかサポートできない。。。。ずっとインターネットを使って、サポートが出来るようにしたいと考えていたところ、2019年に「ZOOM」と言う会議用のツールを知り、即座に取り入れ、オンラインセミナー等を開催しました。

しかし、まだまだオンラインセミナー?会場に足を運んで参加するリアルセミナーが当たり前で、自宅でオンラインでセミナーに参加するイメージはない方がほとんどでした。

でも2020年のコロナ問題で緊急事態宣言は発出され、自宅で過ごす時間が増えました。

そこでオンラインやリモートと言う言葉が、テレビや雑誌、ニュースなどで取り上げられ、瞬く間に身近な存在になりましたので、今だ!と思い、このクラブの発足をスタートさせました。

全国に頑張っている子どもたちはたくさんいます。

その子どもたちを必死にサポートする保護者や、コーチ、指導者の方々がいらっしゃいます。

そんな頑張っている人たちに、少しでも我々の知識や技術が伝われば、もっともっと子どもの能力は伸びると確信しています!

是非、このサイトの記事等をご覧いただき、セミナー等にご参加いただき、ご興味をお持ちいただければと思います。

 

 

JACC 代表 廣谷 善行

当クラブは株式会社アールが運営しています。

株式会社アール 代表取締役 廣谷 善行
神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-1-5フルヤビル3階

 

PAGE TOP

© 2021 JACC公式サイト Powered by AFFINGER5